さぽろぐ

  日記・一般  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2005年05月28日

国宝級の粥すすり・桂米朝さん

beicho.jpg

「タイガー&ドラゴン」で落語ブーム!となればいんですが、
アレは江戸の落語ですが、わたしは上方落語が好きです。
一番好きなのはなんといっても、桂米朝さん。
「タイガー‥‥」はラスト10分くらいの小虎の現代版落語がよいですね。
今風のしゃべり方で、今風に解釈してくれると苦手な「江戸落語」も取っつきやすいです。
わたしが好きなのは、実は落語のマクラ‥‥つまり「フリートーク」部分。その人の人となりや今日あったこと、思ってることがわかるからです。
あと、古典のわけのわからない言葉や風俗なんかをどう現代に当てはめて、面白おかしく持って行くか‥‥ってとこらへんです。だから小虎の落語はその辺のツボをおさえてて、いいなって思うのです。長瀬くんだし。

さて、 わたしの<落語>歴は「鶴瓶とざこばの落語のご」がはじまり。
不器用だけど時々奇想天外でとんでもない<ざこば>が好きでした。そういえば米朝さんの弟子ですね。
あと、上方は語尾やイントネーションが尾張弁にほんのり近いので、馴染みのない江戸弁の落語より関西弁の上方落語の方が耳馴染みがよかったようです。

といっても初生落語は‥‥快楽亭ブラックさんだったりするんですけど‥‥。いや、たまたま「名古屋で新作落語を聴く会」ってのがありまして‥‥なーんにも知らずに行ったんですよ。ま、ブラック師匠については知る人ぞ知るってことで。

米朝さんは、以前から音源(図書館で借りた昭和40年代の切れそうなテープ。一番アブラが乗ってて面白い!)では聞いたことがあったんですが、最近は高齢で体調も優れないようなので、今のうちに生米朝を見ておかねば!と思い、おととしはじめて生で見聞きしました。
その時の演目は「七度狐」。狐にだまされて泥の川をわたったり、泥の粥をすすったりするかなり芸達者でないと難しく、面白いものでした。特に物を食べる仕草が本当に食べているようで、これが他の弟子たちが束でかかってもかなわないと言わしめる芸だと思いました。

以前NHKの特集でみたのですが‥‥米朝さんは、上方落語が衰退していた戦前に弟子入りしたものの、師匠と兄弟子に相次いで亡くなられ、自力で文献や他の落語家を辿り、上方落語を復活させたという人です。今普通に喋っている演目の中にも、戦後ほぼ誰もやらなくなってしまい、米朝さんが復活させたものがかなりあるそうです。
体調が悪くても高座には必ず上がる米朝さん。ただ独演会はもうやらないそうです。なぜなら、愛弟子<枝雀>さんを亡くし、「自分が倒れても任せられる人がいない」からだそうです。米朝さん個人はすばらしいけれど、師匠と兄弟子、弟子に縁のうすい人なのかもしれないな‥‥と思ってしまいました。
たしかに今いるお弟子さんで米朝さんのように<情景の浮かぶ>落語をする人はいないなあ‥‥と思います。いつまでも健康で落語を続けて欲しいものです。

・【上方落語】桂米朝コレクション全8巻(ちくま文庫)
ああ!文字を読んでもあの語りが渦巻き、光景が目に浮かびます。
全巻そろえたものの、まだまだ2巻までしか読んでない‥‥。
聞いてみたいのは鬼の体に入ってしまう奇想天涯な「地獄八景亡者戯」(上演時間1時間!長い!)、好きな演目は小ダヌキが悲しく、いじらしい「まめだ」。動物ものに弱いわたしは、何度聞いても読んでも泣いてしまいます。くうう。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(ばかいぬ見聞録/落語他)の記事
 吉朝さんの訃報 (2005-11-10 11:55)
 米朝一門会 (2005-09-25 11:17)
 「能をコミックに」成田美名子さんの講演会 (2004-12-24 00:46)
この記事へのコメント
おお!!震えるぜハート燃え尽きるほどにヒートですわ。
僕は演劇はそこそこなのですが上方落語はダイダイ大好きです。元(なみだ)彼女を連れて行った初デートが今は亡き枝雀独演会ですから!「桂米朝全集」持ってますがやっぱり生でみたあとに読むに限りますね。
「地獄八景亡者の戯れ」はもう米朝さんはやらない発言をされていますね。残念です。お弟子さんたちのネタでは賽の河原で「大型新人枝雀あらわる」「桂米朝近日来演」ののぼりが出ているとくすぐりが入りブラックジョークも巧く受け流す落語の奥深さを感じさせます。サゲも個性が出て良かった。かえすがえすも枝雀さんは残念。人情話なんかはみんな情に脆く日本の良さを感じさせてくれますよね。

ところで米朝・枝雀両師匠にはまだ及びませんが桂吉朝師匠が良いもの持ってます。米朝のうまさと枝雀のおもしろさを思った中堅です。是非お勧め。ただこの人も体が悪いので健康状態が心配です

いやあ米朝好きがいて嬉しいなぁ。
枝雀のDVD有りますよ。送りましょうか?
Posted by ゲスト at 2005年05月30日 01:43
おおお、落語ネタしかも上方に「熱いコメント」をくれる人がいるとは思ってませんでした。
枝雀さんは亡くなってから「なんば壱番館」で彼の人生を見て、生きてるうちに行けばよかったなと思いました。しかし、枝雀さんでデートってオツですね〜。
一門会で吉朝さんも聞いたことがありますが、米朝さんばかり印象に残っていてあんまり覚えていませんでした。今度はちゃんと聞きます。
せっかくなんですが、残念ながらうちにはDVDプレイヤーがありません‥‥。
Posted by ばかいぬ at 2005年05月31日 23:30
落後の話はあんまりする仲間もいないので嬉しいです。
それにしても米朝さんは上品で巧いですね。人間国宝も納得(これもお弟子さんたちにネタにされてました)。長生きしていただきたいモノです。
枝雀さんデートがオツと言ってくれるのは嬉しいですね。一般論としては変人扱いされましたから。元彼女は喜んでくれてましたが。変に全米で大ヒットしてる映画より落語の方がよっぽど面白いです。ただしある程度の教養と想像力がいりますが・・。
Posted by ゲスト at 2005年06月02日 09:05
やはりわたしも所々でされました。
約束がめんどうだし、人とは趣味嗜好が合わないので(合わせる気もない)、行きたい時にひとりで突然行くんですけどね。たしかに落語は徐々にならしていった下地がないと面白くないかもしれないです。本当に面白くない落語家もいますが。
タイガードラゴンで「普通の趣味」になるといいなあ。
Posted by ばかいぬ at 2005年06月03日 12:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
国宝級の粥すすり・桂米朝さん
    コメント(4)