さぽろぐ

  日記・一般  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年05月08日

なじまぁ07号

なじまぁ07


A4/28ページ/2017.03.31発行

立教大学アジア地域研究所の年報の冊子、7年目で7号目です。
昨年は一巡するとは!と思いましたが、
やはりまさか7号までくるとは!という思いが深いですね。

2巡目で02号と微妙に違うマゼンタよりの藤色です。
今回の特集は<近代東アジアの「少女歌劇」系芸態>なので藤色がちょうどいい感じです。
今回から、外邦図コレクションが終了し、海域学コレクションになりました。

※興味のある方は立教大学アジ研までおたずねくださいませ。  

2016年08月03日

プキちゃんのきもち!

先日作成したいぬのきもち(の店頭パンフ)の見本が届いたので、早速自分ちの犬をいれて作ってみました!


ぷきのきもち


おむつ姿でもかわいいです!!
ハートの部分を切りとって、愛犬写真を入れると気分が味わえるというパンフレット。
左が切り抜く前のプードルバージョン。

ホームセンターなどのペットコーナーに置いてある定期購読用紙なのですが、
いつものと違って、自分ちの犬が表紙になる「○○ちゃんのいぬのきもち」を作ってもらえるというものです。

※本誌特典の詳細はこちら>>http://pet.benesse.ne.jp/dog/lp_tokuten/#tokuten

プキがいたらきっと本誌つくってもらうんだろうなー。  

2016年04月02日

なじまぁ06号

なじまぁ06



A4/28ページ/2016.03.31発行

立教大学アジア地域研究所の年報の冊子、6年目で6号目です。
一巡して01号に近い色になりました。
今回は空の色。特集は海域学なので=海の色ともとれますね。
興味のある方は立教大学までおたずねくださいませ。

なじまぁの作業は毎年年末から始まるので、
これを見るとついつい、おせちとか、正月とか思い出してしまいます。
できあがりは3月なんで随分気候も変化してるとか。  

2015年03月20日

なじまぁ05号

なじまぁ05

A4/28ページ/2015.03.31発行

立教大学アジア地域研究所の年報の冊子、5年目で5号目です。
毎回絵になる写真なので、デザインにも力が入ります。
偶然ですが、プラネタ3と同じく春らしい「きみどり色」ですね。
興味のある方は立教大学までおたずねくださいませ。  

2014年05月19日

「なじまぁ」04号

A4/28ページ
立教大学アジア地域研究所の年報の冊子、4号目です。
特集はインド洋です。
ちょっとカレー粉色を意識してみました。
4号までできたので、結構感慨深いですね。

なじまあ4

  

2013年11月03日

「ラオスの山の生活」

「Life in the mountains of Laos: A story of change and continuity
ラオスの山の生活-変わっていくこと変わらずにいること」
というA5横冊子(28p)のデザインとイラストを担当いたしました。

ラオス冊子


こちらでPDFデータをご覧いただけます。
◎名古屋大学グローバルCOEプログラム 地球学から基礎・臨床環境学への展開
http://w3serv.nagoya-u.ac.jp/envgcoe/modules/news/index.php/page/view/120  

2013年07月15日

2014立教大学大学院生募集チラシ

A4縦
超域文化学専攻の学生募集のチラシ4回目。
現在進行形で各大学におかれていると思います。

超域
http://www.rikkyo.ne.jp/grp/chirigaku/examination/examination.html
こちらで大きいサイズのものがご覧いただけます。

「超域」をわかりやすく伝えたいと言われまして・・・
「じゃあ、まんがにしたら」とうっかり口をすべらせまして・・・こうなりました。
ハスキーの犬帽子を持ってるひとなど、実在の学生さん、元学生さんがモデルになってます。
ハスキー帽子とワンコを描くのがすごーくうれしかったです(右端はもちろんプキです)。

アイスクリームのイラストはちいさくてわかりづらいですが、
左から・・・ババヘラ(山形)、アイスまんじゅう(桑名)、竹下製菓のブラックモンブラン、とらきちくん(佐賀)が描かれています。
これを作ってから「めしばなタチバナ」というドラマでブラックモンブランが取り上げられていて、
九州の人にはなくてはならぬアイスなんだなと感じました。
以下もアイスの話。  続きを読む