さぽろぐ

日記・一般  |その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年02月17日

「老犬クー太18歳」

くーた

クー太の本と一番お気に入りのプキ。重なりすぎる話ばかり。

かなんさんおすすめの本。
ずーっと気になってたけど、古本しかなくてためらってたけど(古本が巡ると重版されないから、新刊で買いたい)、
どうしても欲しくて古本で買いました(新古本のようでした)。
復刊もしくは電子にしてほしいし、NHKで再放送してほしいです。

プキと時期もやってることも、細かいとこも、かなり同じでびっくりしました。
ドキュメンタリー番組をやってた時期はプキに必死すぎて、
本もテレビも目に入らなかったなあ。
愛犬のために必死なのは同じなんだな。

ものすごく愛おしい本です。
装丁(カバーあり、カバーを外すの比較!)のイラストがまたとても愛おしい。
オビ裏!写真も愛おしい。  

Posted by ばかいぬ at 15:39Comments(0)ばかいぬ見聞録/本

2017年09月23日

「庭のざぶとん犬」&「ごきげんわんこの休平日」

にわのざぶとんいぬ


犬の本6冊目「庭のざぶとん犬」。
もう、これは、和む和む!!!!!いぬ本!!!!!!
とにかくどのページを開いても「あるあるある!」と和む和む。
疲れたら、怒ったら、ぴらっと開いて、和もう。
ああああ、いぬ、かわいいよ。無条件。

続編というか、マンガ版の「ごきげんわんこの休平日」も違った感じでいいです。
ちょっとあのころの、思春期の心の痛さと犬の存在が交わっていて、自分のことかと思うこともたびたび。
あと、雑種犬を田舎で野放しで飼っててもよかった時代がすごーくよくて、
ちょっとプキやジョンとの日々を思い出してなつかしいなあ。  

Posted by ばかいぬ at 19:40Comments(0)ばかいぬ見聞録/本

2017年09月18日

「いとしのムーコ」

ムーコ


犬の本5冊目は超有名なマンガ。
これはいちっばん最初にはまった犬本。
すでに「いっちばん」てのがムーコ語ですね。
漫画からじゃなくってアニメから入ったので、あの声優さんの「ムーコ」の声(もうムーコの声にしか聞こえない)で、
ついつい「ムーコはね、」って読んじゃいます。
一番好きなのは2巻のムーコが風邪をひいて具合が悪くなる回。
ムーコがかわいすぎてセリフ覚えて知らず知らずのうちに「ムーコのうんこゆるゆる」っていうくだり
(このセリフは乙女なのか?どーなのか?がたまらない)を延々小芝居かましてしまいます。
もう何巻かな?11くらい出てるけど、もったいないからまだうちは7までしか買っていません。
ゆっくり繰り返し読んでます。  

Posted by ばかいぬ at 18:42Comments(0)ばかいぬ見聞録/本

2017年02月23日

「96歳の柴犬ハチさんは、今日もお散歩しています。」

犬の本3冊目も「まんがくらぶ」にちょこちょこ載ってた
コノマエヨミ子さんの「18歳柴ハチさんと飼い主シマさん」の漫画。

はちさん

このオテテ!ぴんぴこぴんのハチさん!がかわいいね。

この漫画、じつはやなさんが好きそうだからと「まんがくらぶ」をくれたのが知ったきっかけ。
いつの間にか1冊になっていたので即購入いたしました!
病気になった17歳から18歳のお話をのほほのんとしながら、飼い主の不安や老いて行くハチさん、家族を描いています。
なんだかうちと同じ家族構成でどこも同じだなあと思わせてくれるので、
プキとのくらしに重なってなつかしくもあります。
老犬介護漫画というより、元気一杯の犬も年をとるんだよ。
そうなんだよって、しみじみ思える漫画です。
口絵カラーの写真、実物ハチさんがかわいいよ〜。  

Posted by ばかいぬ at 15:36Comments(0)ばかいぬ見聞録/本

2017年02月08日

「わたしはあなたの犬になる」全3巻

犬の本2冊目は手放しでたのしい少女漫画です。

わたいぬ

表紙買いしてしまったうるうる少女マンガ目の柴犬!こんな顔されたらなんでも許す。

もうこれは漫画だからできるお話であり、柴犬の表情やうごきかわいいし、主人公ミキちゃんとんでもないし!はまりました。
漫画としても面白いので(だんだんだーん!て大河なドロリな壮大な漫画好きにはおすすめしませんが。
この火サスのような擬音でわたしがそういう漫画にいかに疎いかがわかってしまう)、犬好きじゃなくてもおすすめ。
これ読んだあと、アホなことをするとしばらく「ミキか!」「ミキやな」といわれました。  

Posted by ばかいぬ at 14:54Comments(2)ばかいぬ見聞録/本