さぽろぐ

  日記・一般  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年04月26日

絶滅尾張弁1コマ漫画<その13>

絶滅尾張弁13


今回は尾張弁と意識してないもの〜かなりレアな絶滅度レベル1〜5までいろいろ!

※ねき/そば…ほんとに使う人は戦前の人では?というくらい。
やっとう/長い間…キロロの歌が流行った頃、これだったら台無しだと思った。
おる/居る…多分この辺では標準語。
ぼかぼか/あったかい…「ふとんぼっかぼかだがね」などと、もはや標準語。
だがね/ですよ
やけずる/やけどする…ほぼ標準語。
〜まう/〜しまう
消やす/消す…実は尾張弁なんですよ〜!標準語だと思ってる人多い!
のきゃー/どきなさい…のいて、のからかすなどじじばばは多用します。  
Posted by ばかいぬ at 14:53Comments(0)尾張弁まんが/1コマ

2020年04月14日

シロバナタンポポとトウカイタンポポ

シロバナタンポポは駐車場とか道の脇の同じところに生えてるけど、だんだんなくなってゆく。
トウカイタンポポ(多分)は小山になった公園にぶわーっと一面に生えてる。
公園のフェンス周りは西洋が侵食してるけど、遊歩道によって守られてるのか入ってこない。

しろばな

とうかい

とうかい2
  
Posted by ばかいぬ at 14:33Comments(0)いきもの地球きこう

2020年04月10日

ハナモモと椿

公園に咲いてたハナモモ、多分もう散りかけてるかな。
よそんちの霜降り肉みたいなツバキ。
この椿、毎年見るたびに「花盛りしてある霜降り肉」と思ってしまう。

はなもも

にくつばき
  
Posted by ばかいぬ at 00:00Comments(0)いきもの地球きこう

2020年03月13日

すっぴん!とわたし

NHKのすっぴん!が終わってしまった。
来週からなにを聞けばいいんだろう。
正直、毎日聴いてたわけじゃかったし、熱心にメールや大喜利に参加してなくてもっぱら聞く側だったけど、
大好きだったラジオ番組がおわってしまった。

実はわたしも源ちゃんの話と同じく、「AMラジオを聴くのは年寄りだけだ」と思ってた。
でも‥‥父がNHKラジオ好きだったんだよ。
入院してる時もずっと傍にイヤホンとラジオがあって、何聞いてるのかなんて気にしてなかった。
でも夜中に連絡があって駆けつけた時にスイッチは切ってあったけど、
イヤホンはつけててとったそのままで「ラジオ深夜便」に周波数があってたんだよね。
その日の夕方「じゃあまた明日ね」って手を振った時も大相撲聞いてたんだよね。
病気になって、体が自由にならなくても最後にのこるのは耳なんだ。
毎日、ラジオにいろんなものをもらって、外の世界を感じてたんだな。


ちちのらじお


残された小型ラジオ、わたしがもらいました。
そして、父のように眠れない夜に「AMラジオ」聞くのが始まり、
オールナイトニッポン、ラジオ深夜便の落語、ラジオ文芸館、
聴き始めました。・・・大抵オチが聞けないまま寝落ちだけど。

そのうち、昼間もラジオをつけて仕事始めて、最初は東海ラジオとかかけてたけど、やっぱりソリが合わず、
なんとなーくまわしてつけたのが懐かしい(名古屋にいた)神門アナの番組!
ハマりました!NHKアナがこんなたのしい番組を?!
ゲストのみなさんの書籍を買ったり、影響うけまくり。
神門さんきっかけで(神門さんが先に終わってしまい!)、

朝はどうだろう?と聴き始めたのが宮沢さんの月曜日。
大喜利!のカッパ!川島さんと気象予報の福田さんまで加わり、
なんといってもかかか!と笑う藤井さんがいいと思い、月木は毎週聞くようになり、
そして大好きな能町さん!が始まり、
ユカイさん、源一郎さん、タツオさんみんなまんべんなく聞くようになりました。
さらになにより、リスナーの面白いことなんの!
なんだこの人たちは!
久々になにかにどっぷりハマりました。
やっとみんな聞くようになったら、たのしいなと思ったら、
悲劇の終了のお知らせ。そんなもんだよ。

楽しい放送だったなあ。
最終週のツイッター参戦はたのしかったな〜。
またおかわり、SPまってます!
愛するすっぴん!をとりまくみなさん!ありがとう、そしてまたね!
  
Posted by ばかいぬ at 14:51Comments(0)ばかいぬの日常

2020年03月09日

絶滅尾張弁1コマ漫画<その12>

絶滅尾張弁12


今回は年配の人ならわりとよく聞かれる「絶滅度レベル1〜3」くらいの尾張弁。
本日、20度ごえなのでちょうどいい内容です。

※汗ごい/汗かき
…年配の人くらいしか使わんけど、使う人は使います。
以下はよー聞くなというものばかり。
すんと/すぐに
すたすた/生地が弱って向こうが透けて見えるような感じになるやつ。
破れる寸前は強調して「すったすた」。やはり擬音好きですね。
〜まう/〜しまう
かんわ/いけないな
きむい/きつい、窮屈…きむいはもはや標準語と思ってたら、
どうやら名古屋や岐阜では「きもい」っていうみたいですね。
「ふんづまり」と「どんばら」はうちでよー使うだけですね。  
Posted by ばかいぬ at 16:33Comments(0)尾張弁まんが/1コマ

2020年02月23日

手ぬぐいでマスク

使い捨てストックが持つか不安なので、簡単マスクつくってみました。
適当に手縫いです。
ガーゼマスクしかない頃から花粉症だったので、
折り重なったガーゼはなかなか乾かない!てことで材料は‥‥

ますく1


<外側カバー>使い倒して色のはげたやらかい手ぬぐい(もとの色は緑柄です)。
ちょうど横幅が二つにおるとちょうどいい大きさ。
輪っかに縫い、ひっくり返してゴム通すため1センチくらい内側を縫う。
縦の長さは使い捨てマスクほどの大きさで、端は切りっぱなしでも少しひらひらするだけなので縫わない。
どうせすぐ黄ばむので極力縫わない。
<ゴム>使い捨てマスクのゴムを切り取り、洗ったもの(2枚分、4本)を2本繋いで縫い、
通してからもう1ヶ所は結ぶ(縫ってしまうと調整しづらい。見えないように縫い目は中に。

マスク2


<内側>ガーゼマスクを解体したもの、これも使い倒したガーゼがやらかくていいです。
その中に化粧用コットンを仕込んで折り、鼻の下〜口に来るように当てる。ちょっと苦しいなというくらいが花粉が防げる。
これだけでは、口からの細かい花粉が入り、食道や胃が痛くなるので
フェリシモで昔もらったガーゼの小さいハンカチティッシュというやつ(ハンカチです)を四つ折りにして鼻口のあたりにあてています。

<鼻当て>ワイヤーがなく、メガネがくもるのを防止するため、
半分ティッシュを折りたたんで少しだけマスクから出るようにはめる。
外と中がバラバラなので、濡れたり汚れたりしたらとりかえ、
夜お風呂で洗って干しておけば、朝乾いてます。  
Posted by ばかいぬ at 14:53Comments(0)花粉症な日々

2020年02月22日

もう咲いてる椿とバカ

もう咲いてる椿とバカ
椿は暖かすぎてなんと1月中ごろ咲き始めて、もう満開です。
でも前のブログみたら、2015年は12月に咲いてたんですよ。
だいたい2月中頃で満開が3月。
そして黄色いバカ(本名リュウキンカ、どんどん増えまくるのでバカよばわり)ももう咲いてます。

つばき

りゅうきんか
  
Posted by ばかいぬ at 14:50Comments(0)いきもの地球きこう