さぽろぐ

  日記・一般  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年07月14日

絶滅尾張弁1コマ漫画<その5>

絶滅尾張弁5


今回は比較的よく使われそうでなかなか聞けない「絶滅度レベル2〜3※」くらいの尾張弁。
「あぶつ」にはふた通り使い方があるのを描きたかった。

きんのう/きのう
…ジジババと同居している子供は、いまだにうっかりこの言い方をする子もいる。
暑なって/暑くなって
…やたら子音の「う」を抜きます。例「寒なる」「遠なる」

※ほとる/体が熱くなる
…火照るからきているような気が‥。わたしは使いません。
やっとう/長い間
…「やっとかめ」というビジネス名古屋弁をTVで聞きますが、そんなの最近ほとんど聞いたことがありません。じつは「やっとう」の方が一般的で今も使われています。

※あぶつ/風を送って仰ぐ、心臓がドクドクするのふたつの意味があり、
どっちもわりと使います。後者は病院でよく聞きます。
あぶち(唐箕/米を風で選別する道具)という昔の道具も存在します。やはり風を送るという意味です。
えらい/しんどい…ど定番。  
Posted by ばかいぬ at 20:35Comments(0)尾張弁まんが/1コマ

2019年07月07日

月下美人咲きました。

昨夜咲いた今年初の月下美人。
全部で4つ。





  
Posted by ばかいぬ at 17:59Comments(0)いきもの地球きこう